「あったんですよ。ハリスを切られました」とお客さん。
今日はヒラメのアタリはなかったのかと思っていたら
2021.4.17
アジ五目
アジは今日も入れ食いでした。先週よりサイズダウンしました。

NGそのD 下のハリから外していくと、外したハリとハリを離すことができずいつまでたってもほどけません。上のハリから外しましょう。
NGその@ 絡んだお互いの竿と竿をくっつけてしまう。仕掛同士もくっつくのでせっかくほどいても再び絡む。ほどく→絡む→ほどく→絡むという無限ループ。
A仕掛けを上げたら双方の竿を離す。(絡んだ相手の方向に竿を向けない!!) リールのラインを伸ばしながらロッドキーパーに竿を固定します。
NGそのA 仕掛上のサルカンを外してしまう。テンションが抜けてほどけなくなる。仕掛けがぐちゃぐちゃに絡んでしまいます。
B上のハリから順に外していき、仕掛と仕掛を離していきます。これの繰り返し。仕掛のテンションを抜かないことがコツ。たるんだらその都度リールを巻きましょう。

NGそのB 仕掛けを上げたときオモリを船の中に入れてしまう。仕掛けのテンションが抜けてほどきにくくなる。オモリを船外にぶら下げた状態でほどくといいでしょう。
NGそのC 仕掛対PEのとき、PEのテンションを抜いてしまう。PEがぐちゃぐちゃに絡んだりコブになると悲惨です。切るしかなくなります。
オマツリしたときにやってはいけないこと。 これをやってしまうと厳しいですね。途方もなく時間がかかることも。
船をまたいだオマツリのときは船首に近い方がほどく担当をするとラインがペラや舵に掛かるリスクが軽減できます。伸ばす方は必要以上にラインをふけさせないように。
オマツリはつきものですね。オススメする解決法を書いておきます。興味がある方は参考にしていただくと幸いです。
大アジ
バラシ、オマツリ、つきものですが有ると無いでは釣果が違うのも事実。

2021.4.3
@オマツリしたら双方が仕掛けを船べりまで上げましょう。そうしないと船を起点に戻せませんので全員が釣りを中断することに。
ぽかぽか陽気のなか大アジ釣りを楽しんでいただきました。
アジ五目・ヒラメ
今日は78cm、5.1kgのヒラメが釣れました。
アジは刺身になる良型でした。トップ119尾。

2021.4.10
2021年4月の釣果 写真をクリックすれば拡大表示します。
過去の釣果に戻る
トップページ