トップページ
■安全のため次のことをお守りください。
・船べりを歩くなど、転落や転倒などの危険がある行為はご遠慮ください。
@絶対にブルワーク(船べり)の上を歩いたり、船べりに座ったりしないでください。
@危険なので船首や船べりでの立小便禁止。必ずトイレを使ってください。

A操舵装置や航海計器には絶対に手を触れないで下さい。
 また、客室に設置してある
発電機のACインバータ(PMGi5000)は高電圧が流れていますので絶対に手を触れたり飲物などを置いたりしないで下さい。

B可燃性危険物、爆発物、有害物の持込禁止。 また、喫煙される方は煙草の火の不始末がないよう充分ご注意願います。

C着岸前に船首にぞろぞろ集まらないでください。前が見えないので操船できません。
 桟橋に着岸したら船長が船と桟橋をロープで係留しますので、係留後に下船してください。係留を待たずにあわてて降りると転落の恐れがあり危険です。
・その他安全のためお守りいただきたいこと。
・飲酒酩酊状態での乗船はご遠慮ください。
 丸ブタを緩めて開口部の上に置くだけにする行為は絶対にしないでください。
A個人イケスの丸ブタは緩めたら取り外す。付けるならキチンとねじ込む、そのどちらかにしてください。

A手すり代わりに立ててある玉網をつかまないで下さい。強度はなく折れたら
 通る人がうっかり踏んでしまうと、フタが反転して足が落ち、転落の危険を及ぼすことになります。
・危険なので航行中はむやみに立ち歩かないでください。
 つかんでいる人が海に落ちます。玉網ではなく船のハンドレールをつかんで下さい。

@飲酒酩酊状態でのご乗船はお断りします。
 また自動車を運転される人は釣りの前夜及び乗船中は飲酒を控えていただき、絶対に飲酒運転をしないようにしてください。
 また、踏んでフタのねじが噛み込んで開閉不能になり次に使うお客様が困ることになります。

B波浪や他船の引き波で船が大きく揺れることがあります。安全のため航行中は客室または後部デッキに着座してください。
C許可なく操舵席やフライブリッジへの立ち入りは固くお断りします。
・通路を塞いで他の乗船者が船べりを歩くしかない状態にするなど、転落、転倒の危険を及ぼす行為は禁止します。
@他の人が通るときは必ず立って後ろを通してあげてください。
 また、釣座の左右に大きい荷物を置かないで下さい。人が通ることができなくなります。
 座ったままですと通れないので船べりの上を歩かせることになります。